税理士事務所を繁盛させる【税理士マーケティング戦略・WEBプロモーション】

ホームページについて

ホームページの必要性

「ホームページを持っていてもあまり効果がない」
これはよく聞く話ですが、ほとんどの場合は結果を期待しすぎているのでそもそもそんな結果が出るはずがありません。

ホームページにも「集客のためのホームページ」と「事務所概要のホームページ」があります。集客のためのホームページは、営業戦略としてのホームページ、事務所概要は、インターネットで検索したときに「事務所名で検索しても出てこない」となると信用力も弱くなってしまうので、とりあえず安く作って持つホームページです。

ほとんどの方が持っているホームページは「事務所概要」です。

事務所概要でも、多少の営業的効果はあります。例えば電話帳に載せられるのは名前と電話番号と住所だけですが、ホームページには料金、営業時間、地図、事務所の概観写真など、様々な情報が載せられるだけでなく、メールで問い合わせを受けることもできます。電話帳は年1回しか更新しませんが、ホームページはいつでも修正ができます。

また、リスティング広告などのインターネット上の広告のほとんどは、ホームページを持っていなければ出すことができません。

参考:ホームページの必要性

ホームページはどの程度のものが必要か?

インターネットから積極的に集客をしていこうと思わなければ、ホームページはそれほど大規模なものは必要ありません。
「○○税理士事務所」などの事務所名で検索しても出てこないとなると信用力に問題がありますが、それ以上のものも必要ないでしょう。新着情報やお知らせが更新できれば十分です。自分で更新ができなければ修正だけでも受けてくれる業者を知っておくといいでしょう。

ただ、インターネットから集客をしていきたいのであれば、ホームページは最重要です。

多くの事務所はホームページを持っていてもあまり効果が出ていません。
業者に高いお金を払って外注したところでもです。それには理由があります。

【集客ができる仕組み】と【成約の仕組み】
ホームページはこの2つがなければ結果は出にくいのです。

ほとんどのホームページ業者は、集客の仕組みには詳しいのですが、成約の仕組みは弱い傾向があります。
そして、ホームページへの集客さえできれば新規顧客が獲得できると信じています。

集客の仕組みは、SEO対策(検索エンジン対策)などでお金をかけて安定した集客ができるホームページを作るか、もしくはリスティング広告でアクセスを集めたいときだけお金をかけて集めるという方法があります。

多くのホームページ業者は、SEO対策などの集客の仕組みには詳しいのですが、成約の仕組みは弱い傾向があります。
彼らは「技術者」であり、「営業マン」でないため、どうしてもセールスが苦手です。だから、セールスに強いホームページ業者を選び、ターゲットを絞り込んだコンセプトを打ち出したセールスページというものを持っているとかなり強くなります。

お金に余裕があれば、SEO対策をしたホームページにセールスページを取り入れていけば、安定した集客が期待できます。

お金をかけられない場合は、まず成約率の高いセールスページを持ち、そこにリスティング広告でアクセスを集めていくというのが確実な方法です。