税理士事務所を繁盛させる【税理士マーケティング戦略・WEBプロモーション】

会社設立について

税理士に会社設立を依頼するメリット

自分で設立 vs 会社設立のプロ(税理士)が設立

かかる「時間」と「手間」は大きく違うのに
かかる「費用」はほとんど変わらないのをご存知ですか?

会社を設立するには様々な書類の作成や申請・手続きが必要となります。
必要な書類は複雑なものもあり、慣れない方だとかなりの時間がかかってしまいます。

また、会社設立時にできる節税対策があり、その内容によって支払う税金の額も大きく変わってくることがあります。

節税対策のために、また、起業初期の多忙な時期に本来の経営業務に専念していただく為に、会社設立の手続きはぜひ税理士にお任せ下さい。

会社設立に必要な合計費用

会社設立費用の
合計金額比較表
電子定款対応の事務所
に依頼した場合
電子定款非対応の事務所
に依頼した場合
自分で会社設立の手続き
を全てした場合
事務所への手数料 事務所による 事務所による 0円
定款印紙代 0円 40,000円 40,000円
定款認証手数料 50,000円 50,000円 50,000円
定款謄本代 1,100円 1,100円 1,100円
登録免許税 150,000円 150,000円 150,000円
合計(税込) 201,100円+手数料 241,100円+手数料 241,100円

会社設立に関する諸費用の中に4万円の「定款印紙代」があります。これは定款に貼る印紙代なのですが、「電子定款」を利用する場合は必要ありません。 電子定款に対応している税理士事務所に依頼をすれば、この定款印紙代の分、つまり4万円安く設立することができます。

その代わりに依頼する手数料がかかりますが、多くの場合は総額で自分で設立するより安く済むか、ほぼ同じ金額で設立ができます。
金額が同じならプロに依頼して早く正確に、そして節税対策の面を見てもらって設立をしたほうが有利です。

法人を設立して起業したい方、また、個人事業から法人化して会社を設立する方は、ぜひ一度税理士にご相談下さい。

 

電子定款を自分で作成することはできないんですか?

電子定款は自分で作成することも可能です。
ただ、電子定款を作成しようとした場合には以下のようなソフトおよび証明書が必要となってきます。全てをそろえるのには定款印紙代以上のコストがかかります。また、自分で定款の作成方法を勉強する時間もかかるため、あまりおすすめはできません。

電子認証キットPRO 15,750円
Adobe Acrobat 7.0 Standard 35,800円
Accredited Sign パブリックサービス2
【日本認証サービス(株)発行の電子証明書】
18,000円
合計金額 69,550円

 

会社設立について、より詳しい内容は開業ドットコム(外部サイト)をご覧下さい。