税理士事務所を繁盛させる【税理士マーケティング戦略・WEBプロモーション】

相続税の対策・節税のご相談

相続税の対策・節税は税理士に

相続税は 「知っているか」「対策ができているか」
支払う税額が大きく違ってきます。

相続税は、対策を「知っているか」、事前の「対策をしているか」で余計な相続トラブルを防げたり、支払う相続税の金額が大きく違ってきます。

基本的に相続税は基礎控除額が大きいため、相続する資産の金額が一定の額を超えない場合は相続税は発生しません。相続税が発生するケースのほうが少ないのが現状です。

相続税の基礎控除額 = 5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人の数

5000万円+法定相続人の数×1000万円という大きな基礎控除額があり、これを超えなければ相続税は支払う必要がありません。

とはいえ、負債(借金)がある場合は法律で決まった期限内に相続放棄などの対策をしなければ負債を相続してしまいますし、基礎控除額を超える大きな資産がある場合は金額が大きいため相続税の額もかなり大きな金額となります。

そこで、「知識」と「対策」が重要になってきます。
しかし、相続に関しては複雑な税務知識が必要となり、状況によって様々な対策があります。

相続人の人数や関係、所有財産や負債などの状況、相続をするのか放棄するのかなどによって、できる対策などは大きく違ってきます。大きなお金がからむ相続はしっかりとした対策をしておかないと金銭上だけでなく、人間関係上のトラブルにもなりかねません。

事前に対策をしておけば多くのトラブルを回避できるだけでなく、節税対策などによって相続時にかかる税金を抑えることも可能です。

相続の手続きに関しての不明点や手続きを任せたい方、自分のケースはどのような対策ができるかを知りたいという方は、税理士にご相談下さい。